イギリスの国民投票

6月23日(現地時間)にイギリスで「EUを離脱するか、残留するか?」についての国民投票が行われます。

日本ではあまり騒がれていませんが、もしもイギリスの離脱が現実のものとなったら、それなりの影響が出るといわれています。

ブックメーカーのオッズから推測すると、序盤は残留優勢で始まった様子でしたが、途中の世論調査では、離脱が優勢と伝えられ、海外各国の為替が大きく変動しました、それにつられて株式相場も動きました。日本も例外では無く、大きく下げました。

 

離脱派は、このままEUに残っても、大量の移民を受け入れて負担が増えてしまう、その移民に仕事を奪われるかも知れない?

イギリス自体は統一ユーロには参加していませんが、ギリシャ問題などで危機状態にあるユーロが、もしも破綻するようなことになったら、その負担は当然イギリスにもまわってくるのでは?

あとは、イギリス大英帝国の威厳やプライドのようなものでしょうか?EUに参加する前もイギリス一国で立派にやってきたではないか?(ご年配の方に多いのでしょうか)

 

残留派は、ほぼ国内と同じような移動が難しくなる。 経済活動もEU全体をほぼ国内市場と同様に活動できなくなる?

ヨーロッパの金融の中心地であったロンドンが、その地位を奪われてしまう?(これについてはイギリスが離脱となった場合は支社支店をドイツやフランスに移すという企業が出てきています)

 

結果的に残留となった場合はともかく、離脱多数となった場合も、すぐに離脱とはならないようです。何年も交渉に時間がかかり、実際に離脱するまでには5年や10年近くかかるだろうという人もいます。

それでも国民投票で離脱との結果が出た場合、直後は混乱が予想されます。

ユーロ、ポンドの下落、われわれに関係あるのは、円高になるだろうと思われます。

残留、離脱どちらになるかは、まだまだ判りません。現地23日 日本時間では24日金曜日 午後には大勢がわかるのではないかと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。