日銀金融政策決定会合 イールドカーブってなんだ? 2016.9.21 

日銀金融政策決定会合の結果が発表されました。

2016年9月21日(水)午後、

結果の情報が流れたとき、軽いサプライズ的な報じられ方でした。

日経平均株価も日銀金融政策決定会合の結果発表後、久しぶりに大きく反応し、上げました。

主に金融株(銀行、保険)が上げました。

 

この金融政策については、世界初とか言われてますが、

自分にはこれまでの政策とどこが大きく違うのか?さらにわからん言葉も出てきました。

いまいち~ピンときません。

調べてみます。

 

まとめて言葉にしたら

「長期金利操作+量的、質的緩和」?でしょうか?

で細かい事を書き出してみると、

①物価上昇率が2%以上になって安定するまでマネタリーベース拡大を継続することを約束。 目標達成期限撤廃?

②マイナス金利の深堀は見送り

③イールドカーブを操作する。長期金利は0で推移するように操作する。日銀による国債買い入れの残存年数年限の廃止

④国債保有残高は 「おおむね」 年80兆円増加させる。

⑤ETFの年間買い入れ額5.7兆円のうち、TOPIXに連動するものを対象とする額を拡大する。

 

 

①について、

まだまだ日銀はやりまっせー、あきらめません物価上昇率2パー達成までは! ってアピールですね。

当初の目標としていた2%達成の期日の撤廃でもある。(失敗しましたが~まだまだやります!!)

 

②について

銀行、保険 金融関係には、追い風ですね。 特にメガバンクに評判悪いマイナス金利ですし。

 

③について

なんと「世界初」!! あとでもう少し調べます。 特に「イールドカーブ」について

 

④について、

あらためて「おおむね」ってついたので

イールドカーブの操作(金利誘導)を優先するの意味かな?と思われる。

国債買い入れ額だけを80兆円増加させること(単なる量的金融緩和)には必ずしもこだわってない。

取り様によってはテーパリングとも取れないことは無いのかな。

それに80兆円毎年増加させ続けようにも、

購入する国債がいつまであるのか?ってこともあるし。

加えて ③の「長期金利0に誘導する」も、取り方によってはテーパリング的です。現状の長期金利はマイナスですからね。

 

⑤について

そのままですね。日経平均、より直に買い支えます!宣言。

 

さて問題の「イールドカーブ」についてです。

ことばをそのまま調べると~

グラフ的な曲線ですね。

「金利を表す曲線」この場合は国債の金利です。

 

思い浮かべてください。

たて軸に金利 よこ軸に返済(=償還)までの期間(=残存年数)

横軸は左は短期、右にいくほど長期金利となります。

それぞれの償還期間の金利を線で結んだ、曲線がイールドカーブというらしい。

 

今回、日銀金融政策決定会合では、この「イールドカーブを管理する。」ということです。

金利が狙うところに収まるように、国債の売り買いで管理する。

これが世界初の金利ターゲット?ってことになるのでしょうか?

 

今までは、国債を買って、世の中に出回る、お金の供給量をとにかく増やす。

あくまでも目標は国債の購入量を増やすこと(=年80兆円づつ増やす)

これからは、目標は金利のコントロールすることが第一になる訳です。

 

で日銀はどんなイールドカーブを狙ってるんでしょうか?

それが、上記③の 短期はマイナス0.1 長期は0ゼロ を狙って管理する。です。

ほぼフラットなイールドカーブってことになります。

 

イールドカーブについての説明がたりませんでした。

描き出される曲線が

1. 右にあがる曲線のときって、

未来には金利が上がると予想されるときです。

(順イールドっていうらしい)

これはすなわち将来、景気が今より良くなると予想されるときです。

 

2.逆に左側が上がって、右にさがる曲線のときは、

未来には金利が下がると予想されるとき。

(逆イールド)

そう、将来は不景気がやってくると予想されるとき・・・

 

じゃあ、日銀が狙う金利ターゲットの フラットなイールドカーブ は?

好景気と不景気の転換期をあらわす、フラットなイールドカーブ。

 

そしてたぶん、世間の金利が、 将来景気が悪くなる右下がりになりかけても、

フラットに戻すように、管理し。

右肩が上がるようになっても(長期金利があがる=不景気の出口がみえても)、

あえてフラットにもって行き、緩和状態を継続する。

(企業の金利負担を増やさないようにする。国の借金の金利負担も?ふやさないように?)

 

何となくわかった様な気分になってきましたが、

このページを書いている時点で、

アメリカの金融政策会合の(FOMC)結果は、政策変更なし、ドル利上げは見送りとなりました。

 

それを受けて、またまた円高が来ました。

為替は1ドル=100円を試す展開になっています。

日銀の発表で上げた株価は、軽く吹き飛ばされそうな流れです。

今回の日銀政策ついて、市場は「事実上のテーパリング」ととらえたのかもしれません。

 

今日が祭日でお休みなのは、不幸中の幸いだったのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。