危機がなんかあったらいつも円高はなんで? その3

とうとう日本でもポケモンゴーがリリースされましたね~

世の中みんなポケモンに夢中です。今朝、お使いに自宅を出てちょいと出て10分くらいの間にスマホみながら歩いてる親子を何組を見たことか・・・そういうおっさんも、最初にピカチュウをゲットするためにちょいとプレイしてしまいましたし・・・

ポケモン話の方が盛り上がりそうです。ピカチュウの話はまた後日にして、

 

 

 

なんかあったらどうして円高?の続きいきましょう。

 

 

 

前回は、金貸しの理屈①日本に「安定した収入がある」(外貨を稼ぐモデルがあり35年連続で経常収支が黒字)まででした。

 

つぎの②よい担保と連帯保証人 について です。

 

すでに膨大な政府の借金が有って大丈夫なんか?と思うんですが、外国の投資家はあんまり気にしていない様子。

それは政府の負債の9割以上は国内の金融機関が保有しているからです。(もしかしたら94とか95%?かも)

日本の国内で個人や会社、法人が銀行や郵便局に預金しています、その預金で日本の国債を買う。または銀行が日銀にお金を預けて、日銀が国債を買う。(政府が返済できなくなったときは預金者と金融機関がお金を返してもらえないの?たぶん増税して返済すんでしょうか?)

 

これがまず1つ。

 

 

 

 

日銀の資料から

日本の資産状況について

 

●政府  資産 約550兆円 負債 約1250兆円  -700兆円

●法人  資産 約1090兆円 負債 約1430兆円  ー340兆円

●個人  資産 約1700兆円 負債 約390兆円   +1310兆円

上記の資料ざっくりの数字ですが、計算するとまだ黒字ですよね、個人の資産が政府の連帯保証人になっている状態といえます。

②の連帯保証人 もクリアー 金貸しは日本にお金かします。

いや今のところ他の国にくらべたら日本に貸しておきたい。

 

なので政府の借金が膨大にあっても、はいはいなんぼでも貸しまっせ~で円買いをしてしまうのでありました。

 

あとは、イメージの問題、ギリシャ問題のときどうでした?めちゃ借金あるのに、返すのいや~増税いや~って政権交代。

しかし、いざとなったら日本国民は真面目やと思われてます?きっと。また過去にも、律儀に借金(対外債務)を返済してきた歴史もあります。

日露戦争んときの債務・・・1980年代までかかって返済してた!何年かかってんの?返済期間の間に返済してる相手の国とめちゃめちゃ戦争してたやんっ。でも完済。律儀な話すぎません?(最近まで知らんかった)

あとちょっと違うかもしれませんけど、震災やとんでもないこと起こっても暴動とか店や金融機関を襲うとかしない民族と思われてます。なので、いざ政府が国債デフォルトってなっても粛々と返済をこなすのでは?

デフォルトするって悪いことだけとは限りません。超インフレきますし超円安になります。

輸入品がバカ高くなりますが、輸出品は安くなるんで半端の無い競争力がつきます。

とはいえ、個人の資産は激減してしまうし生活は苦しくなるので、デフォルトしないで財政再建して欲しいとは思うんですが、かなり見通しは???

上の資料でも見たとおり、個人資産が政府の負債の保証人でいられるのはあと270兆円を使い果たすまでです。

その間に劇的に経済がよくなり、政府の税収のプライマリーバランスが少しでも黒字になるか?どうか?

それまでの危機は現在、量的金融緩和で年間80兆円の国債を民間の銀行から日銀が購入してますが、銀行から売り出す国債が無くなったとき、ってどうなるんやろ?てな心配もあります。これはそんなに遠くない未来、東京オリンピックよりも前におこります。

心配しすぎ?

どこの国の通貨も心配だらけや・・・なので最近は 金 の価格が上昇中?? もともと2000円くらいまでいってたはず?今は戻しはじめて1400円くらいですか? 世界的な金融不安きても金ならまだ安心なんかもしれません。

 

本日もありがとうございました。

こちらのブログ、一部 引越しするかもしれません。ただいま引越し作業中です。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。