悪玉菌と善玉菌ってなに?

CMなどでもよく耳にする善玉菌と悪玉菌がありますが、これらの菌が便秘と関係がある菌だということはご存知でしょうか。

人間の腸内には100兆個以上の菌が住んでいると言われています。そしてそれらの菌は体に良い善玉菌、体に悪い悪玉菌、そしてどちらでもない日和見菌に分けられます。善玉菌は体内で乳酸を作り、腸内を弱酸性に保ち、食べ物の消化吸収を促してくれます。

善玉菌が腸内に増えることで腸のぜん動運動が活発になるため便秘になりにくくなります。
その他、善玉菌の働きには、悪玉菌が増加するのを抑えたり、食べ物の消化吸収を助け、病気への抵抗力をつけたり、毒素から体を守り食中毒を予防してくれるなどの働きがあります。

一方、悪玉菌は善玉菌と反対の働きをし、便秘をもたらします。さらに便秘が腸内を善玉菌が繁殖しやすい環境にかえていきます。

悪玉菌が増えると腸内がアルカリ性になり食べカスの腐敗が進んだり、細胞の新陳代謝が乱れたり、免疫力が低下したりとさまざまなトラブルを引き起こします。

また、悪玉菌が増えると腸のぜん動運動が弱まるためさらなる便秘につながり便秘がなおりにくくなります。
また便秘がひどくなると大腸ガンや大腸ポリープなどの病気にも関わりがあるので早めに悪玉菌を減らす必要があります。

悪玉菌が作り出す有害物質は腸によって吸収されてしまい、それは血液に混じって体内を循環します。これが肌に影響を与えてしまうために肌荒れやニキビなどの原因となってしまいます。

悪玉菌は運動不足やストレス、不規則な食生活などが原因で増加していきます。規則正しい生活を心がけて便秘にならない腸内環境を作るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。